2013年9月19日

空飛ぶ、、、、、。Giro di Sassolungo サッソルンゴ一周




コレ↑、

いったいなんだと思われるだろうか。



空飛ぶ電話ボックス??


そう答えた方は、

昭和以前に生まれた方であろう 笑)。


実は
(と、もったいぶることでもないけど)


ケーブルカー。





私は、失礼だけど


空飛ぶお棺と呼んでいる。


だって、

本当に生きた心地がしない。



二人乗りだけど、

直立不動状態で15分!!


しかも、

動いている状態の「お棺」に


飛び乗らなくてはならない 怖)。



ひえ~!!みんな立って乗ってマス 動画




こうしてたどりついたのは、

Forcella di Sassolungo
(2681m)


Sassolungoを一周するためだ。





ぽろぽろ崩れやすいこーんな崖を、


くだりながらトレッキング。


だだだーっと、

2256mの


お茶でも。


目下にアルペ・ディ・シウジを眺めながら


上写真の緑色の線で示したのが、


だいたいのトレッキングコース。


先ほどのケーブルカー乗り場まで、
一周する。




大人の足で

標準所要時間約4時間だとか。


3歳半の息子のととは

4時間半かかったけど、


最後まで楽しそうに歩き続けた!!!!



周りの大人顔負けの速さ!!!
後で見たら、子供連れには絶対向かないコース、と書いてあった 汗)


トスカーナから観光で来ていた中年夫婦が、

「27年間毎年ドロミテに休暇に来てるけど、

こんな子みたことない!!」と

びっくり。


確かに十代の子供すら、

見かけなかったな。。。。


とと、すごい!!!


さすがに、

足の小指に水ぶくれができたらしい。。。
(本人気づかず。。。)


母さん、水ぶくれってなあに?(とと撮影)



4時間トレッキング後のとと 動画
(Rif.Comiciコミチ合宿所にて)


我が息子ながら、


怪物!!!















2013年9月10日

無念!!今年のSass Pordoi退散!!

遠くにマルモラーダ氷河



ドロミテのテラスと呼ばれる
Sass Pordoi。

アルプスやドロミテの山々やマルモラーダ氷河が
見渡せる素晴らしい場所。
だけど、

今年は寒すぎ!!!!!!


オルティゼイの街を出発した時に、
疑るべきだった。

標高1230mのオルティゼイが13度だったのだから、

2950mのSass Pordoiが
どれだけ寒いか判断すべきだった!


(去年行ったときは、オルティゼイが29度であった
ので、
標高2950mでもとても過ごしやすかった)





今年はなんとマイナス2度!!!
真夏です!!

上写真の雲をご覧いただけるだろうか。


まっ平ら!!


どれだけ風が強いかわかって頂けると思う。


だから、体感温度は、、、、、(冷凍!)



今年のSass Pordoi滞在時間約20分!!


これ以上は、

体調に悪影響を危惧して退散。



無念すぎる!




まあ、でも新雪のマルモラーダ氷河も見れたし、


いいとするかな。




氷河の上だって全然寒くないカムちゃん



video
氷河の上を走るカムちゃんの動画をどうぞ!(Sasso Lungoの氷河にて)









山と命

 北側から見たサッソ・ルンゴ


私達がガルデーナ渓谷に滞在中、

ドイツ人のアルペン登山者一行が

サッソ・ルンゴをクライミング中、

250m下に転落して3名全員死亡するという

残念な事故があった。





北斜面のサッソ・ルンゴのVia Pichlという
クライミング順路。
難易度からするとレベル5とか。

ヘリで救助に向かったAiut Alpin隊員の
印象だと、

先頭の登山者が経験の過信か、
岩壁に命綱を繋げずに
簡単に歩けると思ってしまったある場所から、
なんらかの理由で足を滑らし、

ロープで繋がっていた後続の2人を道連れに
谷底に転落したのではないかということ。



そんな悲惨な事故があっても、
今日も山はなにもなかったように
そこに聳えている。



 遠くにサッソ・ルンゴを見つめるようにうなだれるキリストの像



空も山も
いつも美しい。


そうやって、

何千年も何万年も
人の命を奪ってきたのに。

人だけが、
山に焦がれて、
山に挑んで、
山に死んでいく。








愛するドロミテで事故に遭われた方々に、
心深よりご冥福をお祈りしたい。


















2013年9月9日

感動!SALEWA本拠地!ボルツァーノ


一年ぶりのアルトアディジェ。

州都のボルツァーノに立ち寄ることがあったら行ってみたかった、

SALEWAの本拠地。

ここボルツァーノには、
SALEWAのコンセプトストアとSALEWA CUBEと呼ばれる
ロッククライミングの練習スペースがある。


↑息子ちっちゃい!!後方の黒い壁も全てロッククライミング練習するためのもの。
直角を登るのも大変なのに、傾斜130°くらいありませんか?!



州都ボルツァーノの南に位置する
この本社に併設するコンセプトストア。

壮大!!
素敵!!

最近SALEWAの登山用ウエアが
とってもファッショナブルになった。

元々は第二次世界大戦中、
ドイツで誕生した会社で
その後オーストリアの会社となり、
近年イタリアに本拠地をおくようになった。
(といってもアルトアディジェはちょっとイタリアぽくないけど)

そのおかげか、
やっぱり、イタリアンな香りがする!



 配色も素敵だし、なんと言ってもチロルっぽさを残しながらイタリアンなところが、素敵!!
お値段は、、、かなりします(残念)







カムちゃんはいいよ、

お山に行くときファッショナブルにしなくったて、

そのままで素敵だもの。

今年も楽しかったね!お山!